任意整理後、クレジットカードは作れないの?【借金解決Q&A】

任意整理後、クレジットカードは作れないの?【借金解決Q&A】

任意整理後、クレジットカードは作れないの?【借金解決Q&A】

任意整理は借金問題を解決するための手段ですが、クレジットカードで任意整理を行うとそれほど効果が無い場合があります。クレジットカードは利息制限法の範囲内で利用できるものですから、過払い金が発生しない性質があります。ですから任意整理を行っても減額がほとんどできない状況がありますので、返済にかかる利息の負担を軽くすることしかできないのです。グレーゾーン金利と関係のないクレジットカードでは、任意整理のメリットを最大限に引き出すことができないのです。一方で任意整理によって完済できた場合でも、クレジットカードの審査には通らなくなりますし、整理しなかったカードに関しても使用できなくなるのが原則です。借金が無くなることでメリットの多い手段ですが、完済後は5年間借金ができませんので出費がかさむ時期には厳しい生活が待っていると言えます。それでも返済による生活苦から開放されますので、デメリットよりもメリットのほうが大きいと言えます。任意整理を行うと一生借金ができないと思っている人もいますが、信用情報機関に登録されている期間は原則として融資審査に通らなくなります。登録が削除されれば通常通り審査に通りますが、削除までは最低でも5年間が必要となります。信用情報機関から削除されれば通常通り融資審査に通るようになりますが、整理を行った金融業者とは取引ができなくなるケースがあります。金融業者でも商売ですから、損失になるような人とは取引を行わないのです。