《任意整理》完済後に困った事をまとめてみた!※実際の体験談

《任意整理》完済後に困った事をまとめてみた!※実際の体験談

《任意整理》完済後に困った事をまとめてみた!※実際の体験談

任意整理を行って債務の返済を完了したという場合、完済後の生活には若干の変化が発生することとなります。
では任意整理の完済後にはどういった変化が現れるのかと言うと、まず最も注意したいのが「完済後5年は新規借り入れが一切できなくなる」ということです。
これは消費者金融や銀行と言ったような金融機関からのカードローン借り入れなどはもちろんのこと、通常のローンについても同様です。
任意整理の事実は5年間、信用情報に記録されることとなっていますから、信用情報を利用して消費者の信用をチェックしている事業は利用することが出来なくなってしまうのです。
クレジットカードに関してもかつてまでは出来なかったのですが、最近ではクレジットカード会社が増えてきたことによって競争が激化しており、比較的緩やかな審査を行って加入できるようなものも出てきています。
絶対に利用できるというわけではありませんが、どうしても必要なのであれば調べてみるとよいでしょう。
また加えて注意したいポイントとなるのが「任意整理の対象になった金融機関からは5年が経過した後も借入が出来ないことがある」ということです。
どのような金融機関であろうと、顧客との取引があった場合には取引情報が作成されており、そして万が一トラブルがあった場合には、その情報を保管しておくようになります。
そして任意整理によって利益を減らされたというような場合には、再び同じ事態になることを危惧して、その後の取引をしてくれないということがあり得るのです。
そうした場合には残念ですが「仕方ない」と諦め、別の金融機関を頼るようにした方が良いでしょう。